読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームをするな就活をしろ

ゲームしちゃうでしょ

【ポケモンSM】 WCSシーズン1 1489から1709まで1日構築

どうも、よく読んでくれてる方はお久しぶりです。

Junです。


かなり久しぶりのポケモンの記事にしてサンムーン関係一発目の記事ですね。ムーン、ちゃんと買いましたよ。

割とモチベーションが高めなので、なるべく毎シーズンなり気が向いたらなりで書きたいと思います。(今度はもっと高レートいきたいです)


今回はそのサンムーン(SM、明など略がありますね)のレーティングバトルシーズン1のWCSルールにおいて僕が使っていた構築をまとめます。


この構築を使ったことでレーティングが1日で220上がりました。

1700くらいでわざわざまとめるほどか?と思われたらそれまでですが、レート220上げるまでの勝率が相当よかったので、そこは大目にみてくださいますよう。


では、パーティを紹介します。


f:id:Hine_Jun:20170120210220p:plainf:id:Hine_Jun:20170120210232p:plainf:id:Hine_Jun:20170120210245p:plainf:id:Hine_Jun:20170120210256p:plainf:id:Hine_Jun:20170120210318p:plainf:id:Hine_Jun:20170120210327p:plain


WCSレートを開始した当初はカプ・レヒレの枠はカプ・コケコ、メタグロスキュウコントリトドンベトベトンで使用していて、テッカグヤも今のものとは別の個体を使用していました。

その時のコンセプトはコケコの素早さから壁を貼りZ技持ちであるウインディの行動保証やガブリアスを動きやすくするため隣にテッカグヤを並べる壁コケコパーティだったのですが、エレキフィールドが相手にも作用しカグヤが落ちやすくなることやテテフにフィールドを取られること、ベトベトンが鬼火をもらいやすいこと、天候要員がおらずドレコータスにいいようにされる、何よりトリルへの対抗札がほぼトリトドンのみ、などの問題を抱えていたため、さほどレートが上がらず、しばらくこれらの問題と向き合うことに。

僕はこの時までカプ・コケコがこのルールの中で一番強いと思って疑っていなかったのでコケコはそのままにカグヤを天候塗り替えのペリッパーに、トリトドンをガラガラにするなどしたパーティを使用していたのですが、メンバーを変えて潜ってみるともう環境がかなり変わっていて、今度はズルズルレートを落としていきました。コケコを軸と捉えすぎていたためかもしれません。


そこで目をつけたのが、味方を状態異常から守りつつ他のカプからフィールドを奪いやすく、コケコでは勝てないガラガラに勝ちやすく雨にも強いカプ・レヒレでした。

しかしカプ・レヒレはそのまま使うと自分の熱湯でガブリアスメタグロスを火傷させられない上に火力が足りない、耐久が高いのに回復ソースがZ黒い霧くらいしかない、いばるの対象をガブリアスにするとかえってガブリアスが動かしづらいなどの問題も抱えていました。

実はレヒレの採用はコケコを使っているうちに思いついてはいたのですがなかなか明確な役割を持たせることができずに見送り続けていました。

そんな折に見つけたのが、ShowDownのほうで結果を残していた人の構築の眼鏡レヒレです。

これがかくかくしかじかあって実機の方に持ち込まれ、セジュン氏も使用し始めるなど、眼鏡レヒレは瞬く間に流行していくことに。

流行に乗っかる形にはなりましたが、とても軸にしやすいポケモンだと感じたので、僕も使用してみることにした、というのがこのパーティの土台となっています。

(トリルが苦手というところはあまり改善されていないように見えると思いますが、トリルは苦手なままです…)


使用してみて思ったことは、とりあえずレヒレを出しておけばなんとかなる試合が多かったので使いやすく強かったというところです。

だいたいどんな相手にもレヒレ+ウインディ、レヒレ+ガブリアスで後発テッカグヤで対処することができました。


…が、ガブリアスもしくは天候要員のキュウコンのどちらかしか選出できなかった場合、ギガイアスの処理に非常に困るなど、環境が進んでいる証拠を突きつけられるにつれ新たな問題も発生してきました。

この問題を解決するために入ってきたのがメタグロス、といった形です。



長くなりましたが、以下個別解説となります。


f:id:Hine_Jun:20170120224809p:plain

カプ・レヒレ@こだわりメガネ

図太い H236C244S28

実数値 175-x-148-146-150-109

技  濁流/ムーンフォース/吹雪/黒い霧


眼鏡レヒレです。

ですが、図太いです。理由はGTS厳選で控えめを入手できていないためです。

この配分でもH4コケコに対してムーンフォースで最低乱数以外1発で、最低限の火力は保証できていると感じたのと、ミラーでなるべく上を取るため素早さに少しでも多く割きたかったので、少しだけCを削っています。レヒレを削っているかいないかではレヒレ入り同士だとかなり変わってくるので、正解だったと感じます。


GTSで控えめを入手できなかったので図太いにした、と言いましたが、これが結構活きる場面が多かったので、眼鏡レヒレの性格は図太いもアリなんじゃないかなと思っています。

具体的には、ウインディワイルドボルトガブリアスワルビアル地震、色んなポケモンがカプを見やすいようサブで採用している不一致の毒突き、テッカグヤのヘビーボンバーに対して、性格補正だけでもなかなか効果があると感じました。


技について。

濁流は命中不安なので出し勝ちできたときは積極的に押すくらいでいいです。ムーンフォースを押す試合と濁流を押す試合だと勝ちやすいのは濁流なのですが、それを許してくれない場面もレヒレの流行具合からいくとかなりあったので、濁流を思考停止で押すのはノーグッドです。

後述のカグヤやキュウコンの存在により、トリトドンが見えていても濁流を押しやすいのは強みでした。

吹雪は天候を確実に取れる場面で撃ちたいのですが、あんまり撃たないので他の技でもいいかもしれないですね。シャドーボールならゲンガーやテテフを見れるようになります。

黒い霧イーブイ対策です。これ一つで対策になるので楽といえば楽な相手ですが、決められたときの絶望感はなかなかのものなので油断せずいきましょう。黒い霧さえ覚えれば誰でもいいのですがレヒレはけっこう適任だと思います。


使用感はなんと言ってもフィールドの取りやすさと効果が凄まじいポケモンです。

地に足ついてるポケモンを状態異常から守り、ドラゴン技を半減します。自身とのシナジーは麻痺や猛毒にならないくらいしかないですが、ガブリアスをやけどとミラーのげきりんやドラゴンクロー、ボーマンダのドラゴンZ流星群から守ってくれるのは非常に心強い。(ボーマンダとは実は当たったことないので落ちるかもしれない)

キュウコンウインディを麻痺から守ってもくれます。

総じて、軸にしやすいと言って差し支えないポケモンです。


f:id:Hine_Jun:20170121022908p:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

陽気 AS252B4

実数値 183-182-116-x-105-169

地震/ドラゴンクロー/毒突き/岩雪崩


い  つ  も  の

お   ま   た   せ


やはり僕を支え続けるポケモン界の主人公、レート島の守り神かつウルトラビースト、さらにビーストキラーでもあるガブリアスです。

特に言うことはないですが、強いて言うなら陽気スカーフなのでミラーでも絶対上とります。陽気スカーフミラーとかじゃない限り。

ジメンZが主流っぽいですが、時々いるウツロイドやけっこういるコケコやその隣のライチュウや竜舞積んできたギャラドスへの役割を若干捨てている気がするのでやっぱりスカーフですね。パーティで補完するからジメンZなんだと思いますが…

相手のコケコ+ウツロイドに上を取っていると思わせておいて即地震で返すみたいな試合もあったのでやはり大正義スカーフガブリアスだなぁと思いました。

岩雪崩は怯ませたいときに撃ちます。どうしようもない時ともいう。

毒突きはテテフ、レヒレ、ブルルあたりにピンポイントっぽいですがブルルはおとなしくなってくれます。一番まずいのはレヒレかなーくらいです。

ドラゴンクローは主にミラーで撃ちたかったんですけど、レヒレを出してからだとそうでもないのでほぼ撃たないです。一致技がないよりあったほうがいいかな、くらいで。


親の顔より見たポケモンという感じなので本当に他には特に言うことないと思います。

陽気スカーフが珍しいみたいなので、わからせたいときは是非使ってみてください。


f:id:Hine_Jun:20170121024432p:plain

キュウコン@きあいのタスキ

臆病 CS252H4

実数値 149-x-95-133-120-177

技 吹雪/フリーズドライ/吠える/まもる


キュウコンです。

オーロラベールを覚えさせて持ち物は光の粘土でもよかったんですけど、天候塗り替えられるのとか結構怖い(特にギガイアスに変えられると目も当てられない)ので、トリルに対策をとれる吠えるを入れてみました。

が、その肝心のトリル相手にみすみすキュウコンを選出できなかったなど、僕のガバガバさも見受けられたので、もっとうまく使ってあげたかったです。

吠えるの枠はムーンフォースだったんですけど、レヒレはムーンフォースをとてもうまく使えるのに対しキュウコンムーンフォースあんまりうまく使えないんですよね。そもそも氷でドラゴン抜群は間に合っているというのもあるんですけど、技の枠が死んでいたのでそれなら一番嫌なのに対策しようと思った…んですけどね。ってところです。


耐久は心許ないようで特殊方面は結構あります。不一致抜群の特殊技くらいなら結構余裕を持って耐えてくれるので、襷は本当にこれでいいのかと思うことあるんですけど、ごく稀にいるメタグロスを相手にする時には必要になってくるので、それなりに重宝します。ていうかグロスに対して1発では落ちてやらないぜオラってやりたかったのにグロスが思ったよりいなくてかなしい。


今までの説明だと情けなく見えますが、実はもしかしたらエースはキュウコンなんじゃないかってくらい活躍してくれる試合は多かったです。

フリーズドライの存在により雨に誰より強い、トリトドンに強い、ギャラドスに強い、というか水全般に強い。これが非常に効きました。

ペリッパーをどけれたらあとは吹雪するだけでいいねってことも結構ありました。

キュウコンを出しておくとオニシズクモがワイドガードをしてくれやすいのでフリーズドライで透かしたり、そういう芸当もお手の物。


あと何より、足が速い。

コケコもそうですが、速さは強さを体現したポケモンの1体と言えると思います。


f:id:Hine_Jun:20170123133041p:plain

テッカグヤ@とつげきチョッキ

控えめ H228C212S36D28B4

実数値 201-x-124-169-125-86

技 ラスターカノン/エアスラッシュ/ギガドレイン/火炎放射


チョッキカグヤです。

威嚇が効かない鋼枠として採用しました。

カグヤを見たらヘビーボンバーを警戒してくれるので、威嚇も鬼火も呼びやすくもらうたびに「すまんなぁ…」って言ってました。

また、やどみが大流行のため挑発ももらいやすく、すまんなぁ…でした。

HC振りをベースに4振りカグヤ抜き調整抜き抜き抜き調整、結局のところ無振り65族抜きに落ち着きました。12振りハッサム抜かれとも。

念のためダウンロード対策のBD調整。(これを逆手に取ったおんがえし/やつあたりポリ2がちらほらいる)


元々このカグヤはシングルで使用するために育成したのですが、このカグヤに変える前に使用していた慎重HDカグヤが時々情けないところを見せることやもっと攻めてほしい場面が多く、チョッキを持たせて攻めたいなと思っていて、それにあたりどうしてもつきまとうウインディへのせめてものあがきとして威嚇をもらわないことを重視したところ、そういえば控えめを育てていたよな?と思い当たりこちらのカグヤを採用しました。シングルで使おうとしていたのもまもやどだったので、WCSの方で採用するにあたり思いきって技も持ち物も変えてみました。


技について。

一致技を2枠入れています。エアスラは若干の命中不安なのでどうしても抜群を取りたい相手がいる際に撃ちますが、基本は威力も命中も安定しているラスターカノンを選択します。まさしく安定行動で、削りにトドメになんでもござれです。

パーティの中だとけっこう遅めなので、相手を倒して特性が発動する場面もちょくちょく見られました。

ギガドレインについて、レヒレと並べた時のトリトドン対策です。抜群に当てるといい感じの回復ソースとなり、ウインディと合わせると物理特殊どちらに対しても機動砦のように立ち回ることができます。

細かいところではC1段階上昇のギガドレインゴルダックを1発にしていました。使っていて驚いたくらいです。

火炎放射は対草鋼、具体的にはカミツルギ、同族、メタグロスドレディアなどです。


ギガドレインも火炎放射もそれぞれ単体だとピンポイント気味なのですが、組み合わせてみるとかなり広い範囲を見ることができとても強力でした。


耐久ラインは測っていませんが、ジバコイルの10万ボルトを耐えていたような気がします。


何より威嚇が効かないということがミソで、減ったとはいえギャラドス、あまりいないとはいえボーマンダに対しては突っ張りやすく、ウインディに対してもある程度強気に出ていいのが使いやすかったです。


f:id:Hine_Jun:20170123140154p:plain

ウインディ@ホノオZ

控えめ H76C164D12S252B4

実数値 175-x-101-155-102-147

技 燃え尽きる/まもる/鬼火/バークアウト


特殊ウインディです。

ウインディ自体がWCSルールにおいて入れない理由がないポケモン、とまで言われていますね。

主流は物理ですが特殊型で育成し、威嚇をもらわない威嚇枠として採用しました。

補正ありC156振り(実数値で154)以上でホノオZ燃え尽きるで補正ありHDカグヤが一撃というところに注目し、キュウコンと同時に採用するにあたりHを天候最小ダメージ調整、カグヤよろしくダウンロード対策BD調整、そして最速ギャラドス抜きのS252です。

ギャラドスはともかくやっている中ではテッカグヤがあまりいなかったのは誤算でしたが、誤算といえどテッカグヤに対しての強さが半端なものでなく、テッカグヤキラーとしてこの上ない性能を発揮してくれました。

速さに関して、上げておいてよかったと思う場面は多かったです。


技について。

上述もしましたが、ホノオZ燃え尽きるで補正ありHDテッカグヤが一撃になるため燃え尽きるは外せないです。

普通に撃ったときの炎タイプが消える追加効果も活かせる場面があったり、結構Cに割いているのでそれなりにまとまった火力になるなど、小回りが利かない点以外は強力な技と言えます。

まもるは困ったら使います。初手で相手に潰されたくないときなど。あと、ガブの地震に巻き込むときにも使います。

鬼火は対ギャラドスを強く意識していたのですが、肝心のギャラドスが減ってしまっていたりします。ギャラドス以外だと、交代で出てくるガブリアスに当たったりするとおいしい技です。他にもベトベトンやカプ・ブルル、ギガイアス、カミツルギにも撃ちやすいです。威嚇を透かされて交代で出てこようとする物理に刺せる技なので、安直に撃つのが難しい技でもあります。

バークアウトは、特殊版の威嚇といった効果があり、特殊高火力に対してタイプ受け以外が成立しづらい自分のパーティにおいては非常にマッチした技でした。

ほぼこれを撃っているだけの試合もたまにあります。


ウインディは使えば入れない理由がないと言われているのがよくわかります。

パーティに合わせて自在に技や持ち物をカスタマイズしやすい点も使いやすく、強いといえます。

ウインディを大事に扱われると厄介なことになりやすいので、見かけたら早めの対処を心がける必要があると感じました。


f:id:Hine_Jun:20170124063715p:plain

メタグロス@ハガネZ

意地っ張り H252A252D6

実数値 187-205-150-x-111-90

技 コメットパンチ/地震/バレットパンチ/まもる


威嚇が効かない鋼の物理枠です。

メガシンカがないこのルールにおいて、元が強いメタグロスは非常に恵まれているといえます。

ウツロイドやギガイアスに対して圧倒的に強く、さらにテッカグヤと並べることでカプ系にかなり圧力をかけられるなど、このパーティの相性補完として最適だと思い採用。

地面の一貫はテッカグヤで切れていて、浮いている鋼と地に足ついた鋼の2体の鋼タイプを採用することとなりました。


この枠は元々ベトベトンだったりしたのですが、チョッキで採用していたのでチョッキをカグヤに渡す関係で一旦解雇となり、その後ガラガラやトリトドン、ゲンガーなどで回していたのですが、どれもパーティにあっておらず、特にゲンガーは使われた時に強かったので育成してみたものの相手にした時ほどの強さが全くない上よく見たらこの構築におけるゲンガーの役割がほぼなく、何よりギガイアスが非常に重たかったのでこのポケモンを採用したところ、かっちりハマった、といった感じです。

ただ、Zクリスタルをもたせた関係でウインディとの同時選出が不可能となっています…が、ギガイアスを選出画面時点で強力に縛れたりなど、存在が強いポケモンでもあります。


技について。

コメパンは普通に撃つときは外す覚悟で撃ちます。結構外してきてます。

このパーティで重いギガイアスに対しては普通に撃つことが多いです。

Z技にするのはこの技。主にカプを対象に撃ちます。交代されても交代先を大きく削ったり倒したりできるなど、ただただ強い技になります。ガブリアスも一撃で倒せる火力を得られるので、交代されたときのリスクの高いウインディのZ技よりZ技としての性能は高いと言えます。

地震は威嚇をもらわないメタグロスならではのウインディに対して強い技になります。本来不利なウインディも、削っておけばこの技が反撃の芽となるので持たせておいて損はないと思います。読みは必要になりますが交代際に撃ち込むなどもできます。

また、意外とメタグロス自体ノーマークなのか、ウツロイドやコケコを巻き込めたりもします。

終盤の削り合いを制することもでき、さすが地震、という感じです。

バレットパンチは貴重な先制技ですが、テテフに対して無力となります。

これがかなり難しく、これを撃てば落とせるという場面でのテテフへの交代は無償降臨を許してしまうため、テテフには本来有利なのに対処がモタついてしまいます。

テテフを使われても思うんですけど先制技封印はかなり面白いですね、それとこのポケモンが流行らない理由が少しわかった気がします。

バレットパンチは使える場合はとても有用な技なので、入れておかない理由はないと思います。

まもるはガブリアスのジメンZを耐えたり色々と小回りが利きます。前は岩石封じだったのですが、速さに振っていないので素早さを落としても抜ける相手が明確にはいないことなどが目立ちました。あと岩石封じしてる暇があんまりない。

まもるに変えた途端に使いやすくもなったので、この変更は正解でした。


特性により威嚇無効で攻撃種族値135、メインウェポンの微妙な火力と命中不安を補うためのZ技、全体攻撃、先制技など強い要素をたくさん持っているポケモンです。Z技は少し火力がオーバー気味なので、耐久を調整してみてもいいかもしれません。

パーティ全体で威嚇に対策しているのでどんだけ威嚇が嫌いなんだって話ですけど、威嚇はやはり強力な特性なので、対策しないわけにもいかないので…

メタグロスとテッカグヤの並びが全体攻撃を持つことが少ないウインディに対して何故か強かったりと、使ってみるととても強いポケモンであることを確認しました。



以上、個別解説でした。


パーティの使用感としてはとりあえずレヒレ、天候が嫌ならキュウコンを後ろに忍ばせる、威嚇をしたければウインディ、威嚇をされたくなければメタグロス、カミツルギにはテッカグヤ、地面がよく通りそうならガブリアスなどそれぞれに明確な役割がありとても使いやすかったです。


基本は先発レヒレ+ウインディキュウコン後発ガブカグヤでだいたいのパーティに対応できます。

一部キツいギガイアス入りやウインディが選出画面で縛られている場合などにはメタグロスを出す感じです。

レヒレとガブリアスメタグロスとのシナジーがとても強いです。


だいたいのことは個別解説に書いたので、立ち回りについてもそちらを参照してください。


そういえば、これを書き上げた1/25からバンクが解禁されますね。

WCSルールへの影響といえば、猫騙しエンニュートがやってくる…でしょうか。


対策必須とまでは言わずとも、対策しておかないとまずいポケモンにはなりそうですね。



少し独り言的なことを言っておくと…


僕が新たに目をつけているのは、下降補正でないレヒレに対してフィールドが取れる冷静テテフです。

耐久には不安が残るかもしれませんが、ブルル以外に対してフィールドが取れるレヒレに対して下を取れて、先制技無効、自身の火力保証ができるのはかなり脅威になるのではないかと考えています。


それでは、今回は以上とさせていただきます。

次回は何について書くのか決めてないので、気が向いたことを書きたいと思います。


読んでいただきありがとうございました。

ITドカタのその後 -みずほ銀行次期システムからの脱却-

お久しぶりです。とても。


かなり不定期更新の僕のブログですが、多分これまででもここまで間が空いたことは多分初めてかなと思います。


さて、前置きはこのくらいにして早速本題へ。



タイトルの通りですが、みずほ銀行次期システム開発から脱却することができました。

実は9/30付で退社することになっていまして、つまり新卒で入社してからわずか半年ですが、僕はすでに退職を経験しているということになります。


退社が決定した時は、本社には何もイヤなこととかないのに辞めることになるとは思わなかったので驚き半分、けれどみずほ次期シスにもう関わらなくていいというすっきりとした気持ち半分でした。


えーと…伝えるべきことはこれだけなんですけど、書きたいことが結構ありますので…つらつらーっと書いていこうかなと。


退職に至るまでの話でもしましょうかね。7月に2回ほど、働いてる現状をアピールするような記事を書いていますね。

あの時でもかなり苦しかったんですけど、その後の僕はあれ以上にやられてしまいまして、あのふたつの記事を書いたさらに1週間ほど後のことなんですが、月曜の定例作業である、火曜日の朝の会議の資料の印刷をしている最中だったんですけど、部数がかなり必要でコピーをとってる間は暇なんですよ。その資料の印刷はいつも仕事をしている建物の隣の建物で行っていました。

仮にも、本当に仮にも情報技術の業界なのでスマートフォンの持ち出しとかはさせてもらえなかったので、暇つぶしという暇つぶしがロクにできなかったことや、6月くらいから飲んだ水がそのまま大腸を通って出てくるみたいな体調になってたこともあってトイレに行ってちょっとでも時間潰しとこうと思ったんです。

それでトイレにこもってみると、ちょっとおかしいんですけど、涙が溢れてくるんですよね。

自分も意味わかんなかったんですけど、泣いてたんですよトイレで。しかも結構な時間に。19時とかだったと思います。

もう上からも下からも水分出しっぱなしでいくら水飲んでも足りませんでした。飲んだらまた出てきちゃうし。


で、かくかくしかじか、あれやこれやそれやあるうちに8月がきました。


8月になっても定例作業については平常運転。…といえば、定例作業について説明してなかったですね。説明しましょう。


月曜日は上述した火曜日の朝の会議で使う資料の印刷です。実はこの作業が僕がだんだん帰れなくなっていってたほぼ直接の原因なんですけどね。後述します。

火曜日は定例作業は特に何もなく残業。ただただ残業。9月からは、火曜日も午前中にある会議の資料の印刷を任されたりもしました。

水曜日は火曜日の会議で使った資料の最新化の依頼メールを、その資料の元になってるデータから未済のものだけ抽出したのを貼り付けて送信することとか、協力会社との会議の資料を会議後に上司から転送してもらって掲示板に貼り付けたりとか。この会議が普通に定時超えて残業。

木曜日は水曜日と似たような作業ですが、協力会社との会議が2件あり、そこで使う資料の最新版がファイルサーバ上にあるので、それを掲示板に貼り付けるとか、会議が始まったら議事録をファイルサーバ上の協力会社のフォルダに入れておくとかをして、会議が終わった後に紙の資料を借りて、プロジェクト全体として残っている案件の数を手で数えてそれを管理する資料のデータに入力して…など。

金曜日は、朝着席したら、ある協力会社が使用しているストレージ機器のディスクの使用率を確認する作業がありました。シンプロビジョニングという技術を用いて実際の物理的なディスクの容量よりも多くの容量を使用可能であるようにサーバに認識させているため、物理ディスクの容量からあふれないように監視することが目的でした。これに加えて、これも水曜日と同じような作業ですが、火曜日の会議で使う資料の最新化の依頼メールの作成がありました。


…とまぁこのように、仮にも情報技術の業界にいるとは思えない作業の数々。新人だから仕方ないとも言えますが、ほぼ雑用です。


自分の作業を改めて見返してみて思ったんですけど、一体全体、システム開発がしたいのか会議がしたいのかよくわかんないですね…


それで、後述しますと言った月曜日の作業についてです。

この作業は僕がみずほ次期シス開発の現場に送り出されてから2週間経ったくらいの頃に、同じチームの先輩社員から引き継いだ作業で、やり方を教わった時は「なんだただの印刷業務じゃーん」くらいに思っていたんです。実際、やることはただの印刷業務なんですけど…

問題は資料にあります。火曜日の朝から使う資料なので、本来であれば月曜日の16時までには全ての資料が最新化されているという決まりなのですが、まぁ(当然)そうはいかず、いろんな人がデータを触って書き込む必要がある資料とかの印刷に関しては18時くらいまで待ってくれ、なんていう電話がかかって待たされることもありました。

業務の時間は8:40〜17:10だったので、この時点で残業発生です。自分の仕事はコピーを取るだけなのに。

その上担当が自分になってから色々変更があったらしく、協力会社のシステムのバックアップやリストアの仕様変更がある/ないの資料だとかを協力会社が更新するまで待たなければならなかったり、待ったら待ったで今度はその資料がうまく印刷できなくて、自分が印刷できるようにセルの幅を変更せざるをえなかったりと、投げっぱなしかよと言いたくなることばっかりでした。

待ちに待ってコピー取りにいったら21時だったーなんてことが当たり前になっていきました。やることは印刷してコピーを取りに行くだけなのに、それを早く終わらせられる環境が整っていなさすぎでした。


これくらいでそこまで言うか、と思う方もいるでしょう。でも何よりまず僕は新人だったわけですし、冷静に考えなくても僕がやるべき仕事は資料を揃えて印刷してコピーをとる、以外にないのに残業させられるのはおかしい。他の人の仕事を早く終わらせることまで考えるのが仕事って習いました。


加えて色々言ってしまうなら、こういう簡単な作業しか振られていないのに残業ばかりしているおかげで上からは目をつけられていたらしいし、残業ばかりしているというのがなぜか仕事できるみたいに見られていたらしいです。残業って業務が残っているって書くくらいなんですし仕事ができるなら業務は普通残らないと思うんですけど。

それに、自分の仕事を知ってる上司からは

「君がやってる仕事なんて極端に言っちゃえばその辺で拾ってきた中学生でもできるようなことだから、学生のバイト未満のことしてないで早く色々覚えてよ、今の仕事はSEの仕事じゃないからね」

とか言われるし…

そんなのこっちだって分かりきってるんですけどね、分かりきってるけどじゃああなたたち専門家が自分がやってるみたいな単純作業引き受けて自分が障害対応でもすればいいんですかといえばそれもまた違う。教えてもらってないからできない。

結局こういう作業しかやらせてもらえないし作業が多くて専門的なことの勉強にも手が回らないのに他の人からはあのチームにいるしあれだけ残業もしてるんだからその分野の専門家でしょう、みたいに見られたりもしてたっぽいし、でもやってることは雑用とあんまり変わりないから早くこれ覚えろと言われても時間はないし自分が出れない会議が多くて1人でできない作業に割ける時間は奪われるし。

そういうところを分かってくれた上で作業振ってるならいいんですけどどうやらそうでもないらしく、

「社会人としてさ…こう、出世したいとか、出世欲がないんだとしたらせめてこの職場である程度の地位にいたいなとか、そういう風には思わないの?窓際族ってやつみたいに何も期待されない人になりたいわけはないと思ってるんだけど、今のままじゃそうなっちゃうよ?」

とかも言われましたね。思い出したぞ。

これは結構効きましたね。自分はやっぱり期待されてなかったのか…ってなる方じゃなくてなんでまだ期待持とうとしてんだっていうことの方で。

上述した残業ばかりしているおかげで仕事ができると見られている、に照らし合わせるなら窓際族ってめちゃくちゃ仕事できるんじゃないんでしょうかもしかして。いろんな人から振られる雑用で業務残りっぱなしですからね。………なんてね。言葉遊びもいいとこですね。揚げ足取ってみたり。むしろわざと揚げてる可能性もある。

とにかく。長い間開発環境にいてそのための知識もあってそこで色々できるから資料の印刷とかデータの整理とかなんてやってる時間がないのは分かります。僕がもしこの上司だったとしても、新人に同じような仕事を振ったと思います。そうするしかなかったとも思います。でも仕事を振るってそもそも自分の手が空いてないから振ってる仕事をやってもらってる間に自分が他の仕事に取りかかれるっていうことじゃないですか。特に単純作業なんかは誰でもできるから、まさに自分みたいな新人に振るにはうってつけですよね。なんで新人に振るかってそんなのなんでも引き受けてくれるからじゃないですか。だから振ってたんじゃないのかってすごく思いました。

それがまさかそうじゃなかったとは思わなかったので、正直に言うならあのまま庶務係やらされてる方が気も楽でした。期待されるのってあんなに苦しいことなんですね。今後に生かさなくちゃいけないですね。

自分が新人に作業を振る立場だったら印刷してきてくれるだけでもありがたいなって思います。だって本当は自分の仕事じゃないですか、作った資料とかもらった資料を印刷して見るとかって。仕事が立て込んでるから代わりに出してきてもらうわけですからね。…まぁいいか。

言ってることとやらせてることの整合性がとれなさすぎでした。専門的な仕事をやらせるために何か教えてくれたのかよ、教えないんだとしたら勉強させるための時間を少しでも作ろうとしてくれたのかよ、って、非常に言いたかったですけど、そんなことを言う気力はこういうことを言われ始めた時にはもうとっくになかったです。


それで、8月の終わり頃くらいからなんですけど、明らかにおかしいな、と思うことが増えたんですよね。

パッと見でさえ何日もかかるような作業が締め切りの4日前に振られてきたり、その作業について質問したらチーフに「俺だってそれやりたくないもん、俺がやったって何日もかかるし」とか言われたり。

その作業が終わらないうちにまた何日か必要になる作業が振られて、こっちに手間かけると片方が疎かになってしまうのは無理ないのに「どうやったら解決するか自分で考えてみてよ」って言われたり、それで結局期限過ぎたら「もう期限過ぎてるんだけど」とか言われたり。

はたまた上の2つを抱えながら会議で忙しい人に確認取らないといけないことに加えまた何日かかかる作業が振られたり、とにかく新人1人の手には負えない量の作業が常に降りかかってくるという状態でした。

それでもできることからやっていってたんです。できることからやったらできないことは後回しにせざるを得ない。

それでもできないことでもどうすればいいのかは自分で考えろって言われてるから考えた通りにやろうとするともっと効率いい方法あるんじゃないのとか…うーん…それを教えてほしいんですがね…って感じでした。

で、極め付けには「この仕事もこの仕事もずっと持ってるけど、どうやったら終わると思う?」って毎晩聞かれるようになってから「ひとつずつやらせてもらえればできます」って言ってみたら「何その精神論」って返されたんですよ。

いや精神論って…気合入れろだとか集中しろだとか言われてたわけじゃないのでそっくりそのまま叩きつけられるわけじゃないですが精神論に近いのはどっちだよみたいな、思っちゃいますね。

そもそもチーム内ですら誰がどの仕事を持ってるか把握できないような状況になってるということはまずかったので改善案として1日のうちどこかでチームのメンバーのタスク一覧を見て管理していこうってところまではよかったのかもしれないですけど、上述したことまでを踏まえてあえて言うなら何も手伝いもしないでこれはどうなったあれはどうなったって、酷もいいとこですよ。

今日やるべきことのこれは終わりましたよあれは終わりましたよを言って、でもこれとこれは終わってないよねってなって、明日やりますって言うしかなくて結局その明日には別の作業が振られてできなかったことは明日やりますしか言えなくなって…の悪循環でした。


作業が振られること自体は仕事してる以上仕方ないんですけど、作業が終わってない人に対して別の作業振るのってその人が分身でも会得してないとできないと思うんですよ。洗濯しながら皿を洗えと言われている感じです。いや無理です。

じゃあ皿から洗いましょう、皿を洗っていたらコップも洗うことになりました、ついでに鍋磨きもすることになりました、なので洗濯はできてません、と。

そういうことなんですけど皿洗いながら洗濯しながら風呂も洗って服も畳めみたいな感じです。

ずいぶんスッキリまとまりましたね。


とにかく、こんな状態が8月の終わりからずっと続いて、ほんとに毎日毎日あれはどうするこれはどうすると聞かれるようになってきてたので、この時は本当に職場に行くのが嫌になっていました。…と、思っていました。


「と、思っていました」についてなんですけど、どうやら職場に行くのが怖くなっていたみたいなんですよ。休職を挟んでの退職だったので休職する直前にようやく気がつけたんですけど、家から出て駅へ向かって電車に乗って職場に向かって自席に座る、このプロセスが非常に恐怖心をかき立ててきた、と。

毎朝「行きたくねえなあ」とぼやきながら家を出ては夜中に帰ってきてくたばるように眠りまた起きては仕事に行きを繰り返していたので、行きたくない、はただの口癖なのかなと思っていたんですけど、実直に心から行きたくなかったみたいです。


9月の頭くらいに、地元から職場へ向かう電車がすごく混んでいて、乗り換え駅より手前の駅で一旦降りて乗り直すのを待っていたら乗り損ねたことがあって、その時にちょっと膝から崩れ落ちそうになったんですよね。それとホームに立っていたので、今思うと本当にやばかったんですけど、あと数歩前に出たらもう二度と職場になんて行かなくていいんだなんて考えついたりもしました。そんなこと考えてたらまた涙はあふれてくるし、とにかくやばかったです。


この数日後はもう少し悪化していました。

夜帰るときのことでした。電車を待っていて、電車がきました。その電車にはたくさんの人間が乗っているし、たくさんの人が降りてくるし、自分のいる駅からもたくさんの人が電車に乗ります。別になんてことないんですけど、その時の自分は「あぁ、この電車に乗ってる人たちも乗る人たちも、みんな、ちゃんと生きているんだ、心臓が動いているんだ、呼吸をしているんだ、人間なんだ」とか、自分以外の周りの人たちがはっきりと人間らしく動いているということに尊厳すら感じていました。


こういったことが重なって、さすがに何かおかしい、ただ仕事が嫌なだけではないなと思い当たり、職場に行くのが怖くなっていたのだとはっきり気がつけたのが9月中旬くらいだったんですけど、この時からなるべく自席を離れるペースを早くしていました。大腸の調子が崩れていたのが治ったと思ったらまた再発したので、とにかく水を少しずつ飲んでは大腸から流させるみたいな、体がペットボトルの水を入れては出す機械みたいになってました。


とかなんとかやっていて、こうなってから暫くした時、さすがに耐えきれなくなって夜中に家に帰ってスーツを脱ぎ捨てて寝室で

「全員死んでしまえ」

と口走ってカバンをぶん投げて、そうしたらその日はそれ以降声が出なくなっていました。

ついに体にきたか、と思ったんですけどその前から大腸の機能不全とか起こしてたので気づくの遅すぎですよね。

 

翌日は一応朝から声は出たのですが、それから数日、いつも昼ご飯を食べる人たちに職場に来るのって怖いですよね、なんて話を切り出してちょっとでもまずは自分のことを整理しないととか思っていたら、今度は職場で声が出しづらいというか絞り出さないと声が出なくなっていました。

その日に、もう完全に自席にすらいられなくなって、チーフにも「ここにいるのが怖いです」と正直に言ってみたら「意味わかんないんだけど」と返ってきました。正直言うと自分でも意味わかんない…のですがとにかく怖くてたまらなくなってしまったので、上司に相談して、その日は帰らせてもらって、その週は有給扱いで休みをもらいました。


その週明けには本社に出向いて、そこで退社になるという話を聞き、職場にあった私物だけまとめて、退職、という流れでした。


退社することになっていたのは9/30でしたが、実際に働かなくなったのは9/27からでした。


なのでもう1ヶ月と3週間ほどは働いていないです。

結構ズタボロにされたことを思い出してしまったのですが、精神科にはまだ行ってないです。行っておくべきですね。


仕事を辞めて自由になったときに驚いたことは、なんで辞めちゃったのーとかこれだから若いのはーとかより、退職おめでとう、が一番多く言われたことだったことです。

(Twitterじゃないところの人からも一番言われたことっていうのがまた驚きでした)



少し話が戻りますが、職場にいるのが怖くなったとチーフに伝えたとき、パソコンを見るのが怖くなった、という風な言い方をしたんですけど、本当に怖くなったのはパソコンでも、無限に降りかかってくる資料の紙でもなくて、もしかしたらパソコン越しに指令をする人、それを受けてパソコンに向かって資料を作っている人や直している人、印刷させようとしている人…仕事やパソコンの向こうにいる、人間が一番怖くなったんじゃないかなぁって思いました。


日本には仕事で精神がやられたり、果ては死んだりする人が結構いるのは言わずと知れたことと思います。

でも、自分が仕事を通じて人が怖くなったように、仕事が原因とされている自殺や精神疾患も、本当は仕事が原因じゃなくて、仕事をさせている人だとか仕事に関係している人だとか、とにかく人が壊れる一番大きな原因っていうのは人なんじゃないかと、自分は思うようになりました。自殺する人の気持ちもわかってしまいましたしね。

世のため人のためと言って振り回される人の数が多ければ多いほど、簡単に壊れるんだと思います。もうちょっと頑丈にできてると思っていたんですけどね、ダメっぽかったです。



ここまで酷い職場はさすがの日本にもそうないとは思いますが、程度は様々とはいえ「おかしい」が蔓延している日本の労働環境は個人的には「極刑」と称したいところです。


では、今回はここまでにします。

今後のことについて、ゆっくり考えたいと思います。


さすがに、次は書いてて楽しい記事を書きたいです…

今週のITドカタ

こんばんは。


今帰りです。


なんか月曜にやってる作業が連休だから今やらなきゃとか夕方に決まったりとか、そもそも上の人が会議してるのが原因で自分の作業が進められなかったりとか。


なにをさせられているんでしょう僕は。


まぁいいんですけど。



さて先週の木曜日にだいぶ精神がやられた感じの記事を書きましたね。

ある意味それより悪化しているとも言えますが逆に落ち着いてきました。


あれだけ好きだったスプラトゥーンが全然どうでもよくなりますし(これはスプラトゥーンにも原因ありますけど)今はソシャゲが一番楽しいです。

まずイラつくことないし、邪魔されない。

時間なくてもできますね、これがけっこうでかい。


早く帰りたくはありますけど、残業なしってことがほぼなくなったので、こうなりゃいつまで残っててももう一緒です。



休みが出るのが救いというか、毎週、週末は楽しみです。

けど、こんな僕にも週末は平等に訪れるんだなぁなんて気になります。


今週は3連休、と、火曜日に夏休みもらったので4連休です。

ちょっと生きるモチベをなんとかしたいとこですね。



次書くときはまたどうなってるかわかんないです。


さすがに違うこと書きたいし、4連休、本免試験受けるってこと以外になんか、遊んできたいと思います。

デスマプロジェクトの現場より

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/49014907.html


まずは、これを読んでください。(出典:IT速報)



結論から述べますと僕は新卒でこのプロジェクトに参加しています。


そしてこれを書いている今この時、仕事が終わって家路に着いています。


7月7日なので、入社から4ヶ月目。

この時間に帰ったことはもちろん一度や二度ではありません。

さっき会社から出る時も、一つ上の女性の先輩に早く帰りなよ、と言われました。そうしたいです。でもあなたも早く帰ってください。僕なんかよりさっさと帰ってください。


就労規約なのか、今のところ残業代は出ていません。ボーナスは出ました。



デスマーチとはよく言ったものです。

不運(バッドラック)と踊(ダンス)っちまったかみたいな、僕は死(デス)と行進(マーチ)しちまった。


死の行進。その名の通り。いつ誰がいなくなってもまるで不思議じゃないです。そしていつ誰がなんの仕事をしているのかを誰も把握できない。僕が入った会社なんかはまだマシな何次受けなんだと思います。


でも僕はこのデスマーチという言葉、破綻してしまっているプロジェクトをいつまでも推進しようとしていることを指して言いたいです。プロジェクトが死んでも、死んだプロジェクトに乗せられて人も行進しなくてはならない。

便利な言葉ですね。



さてそれより。

デスマーチの現場よりと言いましたが、サクッと先述させてもらった通り、現場といえど僕の職場なんかはもしかしたら現場ではないのかもしれません。会社には窓あるし。椅子はちゃんとしてるし。デスクもちゃんとあるし。

何より、パソコンいじくってやってることが資料の印刷と資料の公正ってところですかね。プログラミングはバイトの仕事なんですよ。


この時間までよくわからない資料をよくわからないまま睨み続け、よくわからないところをよくわからないまま指摘されていろいろ覚えていくという生活を送っています。

人権なんてあったもんじゃないのかもしれません。


前はこんなことなかったんです。みずほ銀行っていう大手企業の、巨大プロジェクトに参加している、つまり出来上がったものは当然人の役に立つ、それがわかりきっているならやりがいもあるかもしれないと、働くことに興味がなかった自分でも思いました。元々日本で働くのなんて良いことないってことは知ってましたから。

それが、あの記事がポンと出てきて、読んでしまって、実はそれまでの間でもう残業続きだった僕としては、なんというか、「やっぱりかぁ」という気持ちにさえなりました。

働くことにも、そして仕事しかやることがないがゆえに、他の何かにももはや興味を失ってきていました。

(ちょっと大げさに言ってます。でも、前より帰って何かをしようと思うことが少なくなったこと、それだけは確かです。)


悪いことは言いませんので、僕は新卒ですが、まずは社会で働く先輩方、それと僕と同じ新卒で就職した人たち、就活生たち、そしてこれから就活に臨む人たち、「みずほ銀行」という単語が聞こえたら、どうか逃げてください。


何も知らなくても、みずほからは逃げてください。

みずほからは逃げればいいということを知っているだけでも、僕みたいに、デスマーチの犠牲になる確率がぐっと下がると思います。

僕は本当に何も知りませんでした。でも、何も知らないことが悪いのではないのです。何かに面したらどうすればいいのか、そういうちょっぴり具体的なことを知らないこと、その方がまずい。他は何も知らなくていいですけど。


なのでここで重ねて言っておくことにします。


みずほからは、逃げてください。


仕事してても何もわからない僕が言うんですから、みなさんも何もわからなくてもとにかく、みずほからは逃げてください。


そしてなるべく、このことをもっと広めてください。

みずほからは逃げてください。




…正直なところを言うと、僕はなんで自分がこんな時間まで残って、そして何のための何をしているかというところまで、わからないのです。

教わったことに対して、できることの少なさ、やらなくてはならないことが多すぎること、手探りで進めなくてはならないこと、またそれをこなして自分に返ってくるものに意味があるのかということなど、とにかく何のために自分に仕事が振られているのか、全くわからない。

全くわからないうちはとにかくやるしかないので、とにかくやる。でも、わからない。

わからないままやっていると、いつの間にか夜になっている。

なぜ夜になるのか、わからない。こんな仕事のために。

それでも、仕事はしなくてはいけない。

特に僕なんかは新人だから、こういうことを知ってしまっても嫌とは言えないわけです。

実際、なんだかよくわからないことをなんだかよくわからないままにしておくことっていうのはその方が結構嫌なので、やってしまうわけなんですけど、それでも何のための仕事なのかは、わからないのです。


一番恐ろしいのは、もう誰にも何もわからないから、だからこそ、全員与えられた仕事に対して取り組んでしまうということ。

わからないことは解決しなくてはならなくて、でも何をどうしてもわからないことだらけで、それでもわからないことは解決しないといけない。

みんながみんな、最終的な目標に向かっているのに、その最終的な目標がわからない。

つまり、わからないことがわからないという状態で、プロジェクトが進んでいる。

デスマーチ、ですね。

そしてわからないことがわからないということが、当たり前になって、誰が何をわからないのかが、わからないまま、わからないことをやる。

それも当たり前になってしまう。

それでも、誰も、何もわからないので、何がわからないのかを言うことができない。



そういうものだと思ってください。


僕にはまだ何もわかりません。なので、何もわからないなりに、何もわからないということを伝えるには、これが一番なんだと思います。





そういえば、今日は七夕でしたね。

明日は早く帰りたいなぁー。

【アニメ】ご無沙汰のアニメ記事更新 -クソアニメ氷河期を迎えて-

こんばんは。

それ以前に、お久しぶりです。教習所通いの生活とついに社会に出ることになったので、なかなか更新できませんでした。

今回は去年の夏くらいから更新していなかったアニメに関しての記事を更新します。


http://hine-jun.hatenablog.com/entry/2015/03/06/103739

↑前のアニメ記事はこちら


今回も前回通り、見て面白いと思ったアニメを評価するようなことをするつもりはありません。

面白いアニメを褒めるのは面白いアニメを褒める職業の人にやらせておけばいいんです。そんな職業あったらぜひ就きたいですけどね。冗談です。

もちろん見て面白いなと思ったアニメもたくさんありますし、褒めることもしてますけど、今日の趣旨はそこじゃない、ということです。

前の通りにいきます。



さて。

古今東西いろいろな時間帯にいろいろなテレビチャンネルでいろいろなアニメを放送している現代において、特に深夜アニメというのは社会の摩擦に疲れた人々の心を癒す一つのオアシスのようなもの。

ですがその深夜アニメというものの中には、これ絶対見切り発車だよね、と言いたくなるような出来映えのものや、真面目にバカをやっているものもあります。今日はそんな、いわゆる「クソアニメ」についてのお話を、そんなクソアニメと、似たようなところはありながらも対義や類義の位置にあるアニメと比較しつつしていこうと思います。(定義は様々ですが、クソアニメの界隈の中では鉄板なモノを並べていくつもりです)



今回も、トップバッターはこのアニメに務めてもらうこととしましょう。


pupa(ピューパ)

放送クール:2014年冬

5分アニメ。原作は漫画で、読んだことはないのですが、アニメを見る限りだと内容は

「人間を食べていないと生きていけない妹に不死身の兄が養分を与え続ける」

というものです。ただ、それだけです。

いや本当に、ただそれだけです…というのも、一応妹がそうなってしまった理由や、それを解決するためのストーリーがほんとに添えるだけ程度にあるのですが、5分アニメな都合上話を進めようとするとおそらくてーきゅう並の速度でセリフを言っていかないといけないのだと思います。


5分アニメと言いましたが、実はちゃんとオープニングとエンディングがついてます。

オープニングは「ダメだよここから先は」という歌い出しから始まるのですが、見終わってから考えるとこれは忠告だったのだなとしか思えません。1話から忠告してくれていたんですね。そして1話ですが、

f:id:Hine_Jun:20160310223219p:plain

「全部夢だったらよかったのに」

という黒板の書き出しから始まります。

そうですね。全部夢だったらよかったのに。

話をする気がないストーリー展開、微妙にグロテスクな捕食シーン、スッカスカな内容でこれらだけを見せ続けられます。

ダメだよここから先はって言ったのに見ちゃうからだよ、とでも言いたげなやる気のなさを感じる完成度と全部夢だったらよかったのに、と言いたくなる5分間を味わえます。

それでも、5分アニメ枠だから救われている面もあります。なんせ、他のアニメは30分ありますからね…

pupaは、5分アニメかつ1クール完結(完結したとは言ってない)という特徴から、クソアニメというものを学ぶのにもってこいであると僕は考えています。


そんなpupaの対義の位置にあるアニメはあいうらだと思います。

5分の中に素晴らしさが詰まっていますね。そしてダメだよここから先はとは決して言わない。カニを賛美する主題歌。こちらも、素晴らしいですね。



革命機ヴァルヴレイヴ

放送クール:2013年春、同年秋

分割2クールのロボットアニメ。サンライズが関わっています。深夜アニメが平気で分割2クールとかやりだしたのは確かこの辺りからだったかな…?と。

先に断っておきますとヴァルヴレイヴはキャラデザインもロボットのデザインもかなり評価が高いです。それと主題歌を水樹奈々T.M.Revolutionが一緒に歌ってたり、豪華という他なかったです。

学生である主人公の時縞ハルトくんともう1人の主人公、エルエルフくんが織り成す群像劇。…らしいです。この2人はそういえば契約を結んで、不死身で暴走癖のあるハルトくんに時々エルエルフが乗り移って戦ったりしてたような。

f:id:Hine_Jun:20160310235337j:plain

↑殴り合いの喧嘩をするくらい、2人はとっても仲良しです。


僕には「ハラキリブレード」というとても真剣に考えたとは思えない必殺技の名前が飛び交っていたアニメという記憶しかないです…とまでは言いませんが、群像劇と言われても若干首をかしげてしまうところが多々あります。ヒロインである指南ショーコちゃんが学生という身分で急に作中での国の首相になったり、Twitterによく似たSNSで世界が曝かれたり、挿入したり…あと、宇宙に国ごと漂ってたような。


先述しましたがキャラデザイン、ロボットデザインはかなり良いのです。いかんせん以上のように、内容が突拍子もなさすぎる、ストーリーの進め方が唐突すぎて視聴者を置いてけぼりにしている、置いてけぼりにした先で人死にを出す、しかもキャラを死なせておいてそのキャラの死があまりストーリーに絡まないといった無為の四重奏。

一つの出来事に対する個々のキャラクターの反応を楽しんでほしいという制作側の意図があるらしいですが、伝わってこないため置いてけぼりにされます。というか、出来事がやばすぎる。置いてかれるのも無理ないです。

f:id:Hine_Jun:20160310235951p:plain

↑必殺技のハラキリブレード。かっこいいの一言につきます。ですがこれを戦術の要としている回はなかなかシュールに連呼されます。


革命機ヴァルヴレイヴの類義の意味にあるアニメは恐らく、ギルティクラウンではないかと思います。

フラットな目で見ればこちらもなんとも言えない内容をしているのですが、好き嫌いで意見が真っ二つに別れる難しいアニメです。ヴァルヴレイヴも、キャラデザイン、ロボットデザインはさすがの出来栄えであるため、そこだけを評価すれば見るに堪えない程のものではない、ということで。ギルティクラウンは、egoistが初めてアニメの主題歌を担当したアニメという役割もあります。



犬とハサミは使いよう

放送クール:2013年夏

ライトノベル原作。恐らく、このアニメから前10年とその後のアニメを見ても、最もオープニング切りが発生したであろうアニメでもあります。

いや、もう、感服です。1話のアバンがクソ。オープニングがクソ。Aパートからお腹いっぱいになります。

http://youtu.be/N2Del5hLnfE

↑聞けばわかる。


オープニングからこんなんです。本編も当然そんなんです。

概要を一応書いておきますと、主人公はある日突然殺害されミニチュアダックスフンドに転生します。趣味が読書だった主人公なのですが、犬の姿でも本が読めてしまったために元の姿を取り戻そうとすることもないまま1クール進みます。

また、犬の姿ではさすがに生活ができないので主人公が好きだった作家であるところのヒロイン…ヒロインってことにしておきますけど、ヒロインの家に棲みつくことになるのですが、事あるごとにハサミを持ち出し動物虐待を行うという奇人ぶりを遺憾なく発揮しています。その調子で1クールです。


そんな犬ハサですが、不思議と毎週見てしまっていて、麻薬のような恐ろしいアニメだという感想です。


犬とハサミは使いよう、の対義の意味にあるアニメは、断裁分離のクライムエッジでしょうか。実は同じクールに放送されていたこの2作品ですが、どちらもハサミをキーアイテムに用いていることが共通しています。

虚無の犬ハサに対し、クライムエッジはなかなか良かったです。どこで差がついたのかと言おうと思いましたが、最初からか…



ガリレイドンナ

放送クール:2013年秋

ノイタミナでやっていました。SFものやロボットものの風味があります。雰囲気アニメや質アニメと呼ばれるアニメが多く存在する例の枠です。えっと、今だから言うんですけど、アニメのすべてがFになるはアレでしたね。

イタリアの学者、ガリレオ・ガリレイの子孫であるという設定の三姉妹の物語です。

ガリレオテゾロというガリレオの遺産の謎を解き明かすため月のスケッチを集める冒険をすることになることや、三姉妹がそれぞれちゃんとキャラ立てしてあること、それからロボットや飛行艇が割としっかり描かれていたことなど評価に値することは多かったのですが、何よりこのアニメは最終回がまずかった。

なんとガリレイドンナは、最終回までに至る過程でガリレイテゾロの謎を解くのではなく、謎を解くまでの過程で最終回を迎えました。つまり、平たく言うと打ち切りエンド。


…愚行、と言うほかないでしょう。正直、あれが最終回でなく2クールある途中ならどれだけ良かったかと思わされる終わり方をしました。もはや丸投げ。

f:id:Hine_Jun:20160323174431j:plain

↑三姉妹はみんなちゃんと可愛いんです。恵まれたキャラデザからクソみたいなストーリー構成と打ち切りエンド、これには毎週見守ってきた視聴者も唖然。


ガリレイドンナの対義にあるアニメは、みなみけではないかと思います。

三姉妹が主役であるという共通項こそあるものの、みなみけは日常系と呼ばれるアニメなので中身がなくていいんですけど、ガリレイドンナはSFものを踏襲しているのに中身を丸投げしました。

ここには如何ともしがたい差というか格の違いというか、それがあります。

(ある意味類義アニメとも。みなみけ〜おかわり〜とかいうよくなかったことにされる虚無のことを考えると…)



聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>

放送クール:2015年冬

犬ハサよろしく、ライトノベル原作のアニメです。タイトルが読めない系ラノベの一つ。

制作はディオメディアです。イカ娘が有名です。ですが、このあたりのクールからクソアニメを制作し続けています。ディオメディアといえばクソアニメ、クソアニメといえばディオメディア、アニメを実況してそのクソアニメぶりを楽しむ界隈の人たちからは「俺たちのディオメディア」とまで言われた制作会社です。そんなディオメディアのイカ娘とは別の意味での代表作であるところがこのワルブレ。

剣と魔法がたくさん出てくるファンタジー系の作品です。それから女の子がたくさん出てくる。その辺はまぁラノベです。


さてワルブレについてですが、語りつくせないほどのツッコミどころ、さらには小倉唯さんが出演しているのですが小倉唯さんが担当するキャラクターのポエムの時間がほぼ必ずあるところ、突然前世の記憶を思い…出した!したりなど、挙げればキリがないほど見ていて笑えるところが出てくる出てくる。

f:id:Hine_Jun:20160503223953j:plain

↑そのうちのひとつがこの「そのためのヤシの木」です。ショッピングモールの背景になぜか配置されたヤシの木、この雑さ加減が非常にシュール。こちらは2話より。

f:id:Hine_Jun:20160503230327j:plain

↑様々な前世の記憶を思い出してきた主人公の姿。やたらギザギザしてます。こちら最終話より。

f:id:Hine_Jun:20160503230821j:plain

↑ワルブレ流、スピード感の表現です。確かな速さを感じますね。速そうなシーンはだいたいこんな感じです。こちらは1話より。


以上の画像でもほんの氷山の一角にすぎません。「We are the 夏」とかいうとんでもないサブタイトルの回があったり、本当に毎回どこか狂っていると言って差し支えないくらいにおかしなところが満載です。

真面目に原作を再現しなくても面白いアニメが作れるということをこれでもかというほど教えてくれるアニメでした。


そんな聖剣使いの禁呪詠唱-ワールドブレイク-の対義にあるアニメは、落第騎士の英雄譚-キャバルリィ-ではないかと思います。対義であり、類義でもあります。

どちらもラノベ原作のアニメ、タイトルが読めない系、ファンタジーの世界観、ヒロインが赤髪、他にも女の子がたくさん出るなど共通点はたくさんありますが、ワルブレはクソアニメとしての名声、キャバルリィは名作として高い評価を得るということになったためです。



銃皇無尽のファフニール

放送クール:2015年冬

こちらも原作はライトノベル。タイトルはワルブレに比べると読みやすいです。制作は俺たちのディオメディアです。

このアニメもファンタジー系の要素がたくさんありました。女の子もたくさん出てきます。高校生に見えないくらい幼い顔してますが高校生らしいです。

ファフニールはワルブレと同クールで放送されていました。ワルブレは思い出すのに対しファフニールは思い出せない、ある意味対になっているアニメでした。

f:id:Hine_Jun:20160504014827j:plain

↑思い出しまくるワルブレに対し思い出せないファフニール。主人公の物部(もののべ)くん。「モノノノノノノノノノノノノベ!」という、のをたくさん加えられる診断メーカーが一瞬Twitterで流行りましたね。


ファフニールもやはりディオメディア作品、ツッコミどころ満載です。ドラゴンとヒロインたちが共鳴してしまうから共鳴してしまうドラゴンとそのヒロインは戦えないという設定があるのですが、ドラゴンというのが西洋風ドラゴンとかではなく、これまたワルブレのヤシの木のように雑なポリゴンで作られた亀のような見た目だったり岩のような見た目をしているなど、雑さ加減もしっかり見ることができます。ワルブレよろしく、こちらもまだまだツッコミどころはたくさんあります。

そして、ファフニールは割としっかりヒロインがヒロインらしいことをしているのもポイントですね。


そんなファフニールの対義に位置するアニメは、ワルブレも同じく、やはり落第騎士の英雄譚-キャバルリィ-でしょう。理由もほぼ同上、です。



空戦魔導士候補生の教官

放送クール:2015年夏

こちらもまた、原作はライトノベルで、制作は俺たちのディオメディアです。上の2つとは放送時期が違いますが、ファンタジーの世界観であることとラブコメの要素があることという、俺たちのディオメディアの基本要素は備わっています。


空戦も、ワルブレ、ファフニール同様多くのツッコミどころ、雑なところ、なぜそんな表現にしたと言いたくなる表現があります。

f:id:Hine_Jun:20160506001242j:plain

↑1話より。なんとパンをくわえた赤い髪のヒロインと曲がり角でぶつかり、そこでヒロインの胸を触るというテンプレラッキースケベが発生、それに加え股間にヒロインがくわえていたパンが乗っかってしまうというシーン。2015年夏、このご時世にパンをくわえたヒロインと曲がり角でぶつかるというだけでも驚きなのになぜ股間にパンが………

f:id:Hine_Jun:20160506001513j:plain

↑11話より。この回は、トーナメントが開催されているという展開の中の決勝戦が行われた回だったのですが、戦闘シーンよりこのラスボスになるキャラへの作画の力の入れ具合がすごかったです。ちなみにこのシーンは、決勝戦を戦った主人公の小隊と、主人公のことを慕うヒロインの小隊が決勝を戦い、ヒロインの小隊が敗れてしまった後に、ヒロインのことが大好きなラスボスであるところのこのキャラが飛びついてくるという一幕の最中です。

f:id:Hine_Jun:20160506004726j:plain

↑最終話(12話)より。ラスボスとの戦闘を終え、互いに死力を尽くし倒れている…のが理想であるシーンです。主人公も一応戦ったのですが、優秀な教え子たちとラスボスの想い人がトドメを刺してしまいました。


以上のように空戦はワルブレやファフニールと並んでか、それ以上に戦闘に緊張感がないことや細かい芸に力を入れすぎて本筋がないがしろにされているかもしれないこと、さらにワルブレのような速さの表現をしなかった結果スピード感の演出が皆無、結果として戦闘シーンが非常にもっさりしている、それに加えファフニールのドラゴンのような存在である魔甲虫という敵役の大群の壊滅のさせ方が非常に雑であるなど戦闘シーン各種を挙げてもそれなりにキリがないです。

いわゆる面白BGMも当然のように完備されている上、主人公が最終回に結構しっかり告白されるシーンがあるのですが、それでも気づかないというもはやかわいそうとも言える鈍感さを見せてくれたり、全くもってさすがです。


空戦魔導士候補生の教官の対義に位置するアニメは…当然、落第騎士の英雄譚-キャバルリィ-ですね。落第騎士は非常に良いアニメだったということを書きながら思い知らされているようです。



グラスリップ

放送クール:2014年夏

P.Aworks制作。確か、オリジナルアニメーションだったと思います。このアニメは前回のアニメの記事にもまとめましたが、当たり外れが大きいと噂のP.Aworksの外れの方、あるいは汚点とまでいえる作品です。TARI TARI凪のあすから、SHIROBAKOなど名作も多いP.Aのイメージを崩したくない方は是非とも視聴しないことをおすすめします。


恋愛モノらしいのですが、なにぶんキャラクターたちの言い回しが文学的すぎて、どの発言がどの人物へのアプローチなのかすぐには理解できないことがあったり、そもそも会話をしているかどうかすらアヤシイ場面も多々あります。それを総称して、グラスリップを見た人の中にはグラスリップの中では会話が繋がっているように見える話の進め方や話している言葉そのものを「グラスリップ語」と呼ぶ人さえいるとかなんとか。その他細かい設定は前回の記事も参照してくださればありがたいです。


「うちのグループ、恋愛禁止だから」

…………そうですか。そうなんですか?

確かPVにも出てくるこのおいおい冗談はおよしなさいよお嬢ちゃんと言いたくなるこのセリフですが、ほんとに冗談はよしてほしいです。当然説得力皆無だし、ストーリーの腰をまさか放送前からポッキリ折ってくるとは誰が予想したでしょう。びっくりの一言です。

それでいざ蓋を開けてみようものなら恋愛禁止どころか登場人物の心情を視聴者ごとに察せよみたいな、国語のテストでもそうそうやらないような言い回しばかり多用したり、グラスリップ語だったり、です。

せっかくP.Aの持ち味である絵柄の綺麗さがあってアニメとしては見やすいのに、その作画をもってしても、またその表現技法やアニメーションの技術をもってしても、グラスリップは見れば見るほど謎が深まる一方です。


はっきり言って無。前も言いましたが改めて言います。グラスリップはP.Aworksという素晴らしい土台から生み出された無です。これはもう、ある意味すごいの一言。真面目にやってくれよとか、もっとちゃんと作りこめたでしょとか、あのシーンの整合性がどうとか、そういうことではないです。無。見たあとに残るのは時間を返せとかそういう感情ですらないと言っても過言ではありません。ある意味、クソアニメとはどういうもののことを言うのか、を考えさせてくれます。


グラスリップの対義に位置しているアニメは恐らく、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。ではないかと思われます。

グラスリップはラブコメというわけではないですがどちらも恋愛モノであり、ここは類義しているようで、グラスリップは登場人物がほぼ半々で男女なのでそれぞれで独立していますが、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。もとい俺ガイルは女の子がたくさん出てきます。ラノベ原作です。

アニメの内容も、無のグラスリップに対して煩雑とした俺ガイルときています。対義アニメと言って差し支えないのではないのでしょうか。



RDG レッドデータガール

放送クール:2013年春

角川文庫60周年記念作品。こちらもP.Aworks制作のアニメです。原作はファンタジー小説で、前回は表記にゆれが生じてしまいました。ここにまとめられているということは、グラスリップよろしく、P.Aworksの外れの方の作品で、やもしたらグラスリップ以上にP.Aworksの汚点となるアニメかもしれません。

これが角川文庫60周年記念作品で良いのかと、首を傾げたくなります。


RDGはすごい。すごいです。グラスリップ以上の無。虚無。虚無です。

前回の記事にも書きましたが、やはりRDGはすごかったなと思わされます。

一応おさらい程度に、RDGがどういう物語であるかを述べておくと、「姫神」が憑いてしまう一族の娘である主人公の鈴原 泉水子(すずはら いずみこ)ちゃんは電子機器を壊してしまう特異体質があるおかげで中学までは学校と家を往復するだけの生活を送っていたのですが、ある日イメチェンをしようと自分で髪をバッサリと切ってしまいました。すると自身の中の均衡が崩れてしまい、「姫神」の力が溢れてしまったため、泉水子ちゃんのような異能の者たちを集めた東京の学校に、相良 深行(さがら みゆき)という泉水子ちゃんの幼馴染であり泉水子ちゃんの家系を守る山伏の家系の出である、なかなかキツめの性格の男の子と通わされることになってしまう…ということでした。

姫神」とはなんなのか、とか、主軸はそこにあるはずなのに結局よくわからないまま話が進んでしまいました。ちゃんと「姫神」を狙う妖怪とか神様とかも出てきたのに、そもそもその「姫神」が何なのかが不明瞭な状態なので、ただなんとなく何かすごい存在なのかなということしかわからなかったのです。


とにかく話が分かりづらく、それでも話は進んでしまうので、このアニメは毎週見ようとするともしかしたらどこかで記憶が飛んだのではないかと錯覚してしまうことがあります。平たく言うと寝てしまいます。


これほどまでに見ていて無を感じるアニメはそうないと思います。アニメを見るという行為を行う対象としては、もしかしたら底辺と言っても過言ではない、ということまでありえてしまいます。

あまりお勧めこそしませんが、ここまで言ってしまうと逆に見たくなる人もいると思います。この記事を書いている現在でいうと、劇場版テラフォーマーズがボロクソ言われているから逆に怖いもの見たさで見にいこうとするようなものでしょうか。本当にあまりお勧めはしませんが、止めはしないので、底辺を知りたければ見るといいと思います。


RDGについてですが、類義に位置するアニメも対義に位置するアニメも存在しないという結果になりました。

ここまで虚無を感じるアニメというのは、さすがになかったです。フラクタルや魔法戦争は勘弁してほしいのですが、あえて言うとするなら、見ていないのであまり書くべきではないのでしょうが、えびてんがRDGの類義、ということになると思います。



ファンタジスタドール

放送クール:2013年夏

ファンタジスタドールは、メディアミックスでアニメの放送がされた作品です。漫画の連載は月刊コンプエースなど、さらにはソーシャルゲームもあります。


主人公である鵜野うずめちゃんとドールたちの、カードが繋ぐ絆と希望の物語です。一応、カードゲームアニメということになります。

「私、鵜野うずめ!どこにでもいそうな普通の女子中学生…のはずなんだけど」という特徴的な口上から必ず始まりオープニングに繋がれること、深夜に放送されていたアニメとは思えないほどテンション高めなキャラクターたち、明るい画面、使用されるカードの一部にちくわのカードが存在するなど、実質朝アニメ、と呼ばれることもある要素が多く、ここに名前を載せるのが若干はばかられるくらいには見ていて愉快なアニメでした。


うずめちゃんは、カードを駆使して、うずめちゃんのことを第一敵対者と呼ぶ希望相互扶助委員会という組織と戦うのですが、その戦う理由がくだらないとか、戦いの内容そのものがくだらないということが多く、ものすごいドタバタ感があります。本当に朝アニメのような展開で、とても見やすいのが特徴です。

f:id:Hine_Jun:20160508223819j:plain

↑8話より。この回はサブタイトルが「玉ねぎたまたま 文化の祭り」という玉ねぎを前面に押し出しまくった回でした。文化祭で映画を見たあと、ドールバトルをするシーン。この玉ねぎ攻撃、実はかなり謎が多く、ファンタジスタドールが玉ねぎ推しアニメであるということを踏まえておかなければなぜ玉ねぎである必要があったのか全く意図が不明となります。

f:id:Hine_Jun:20160508224951j:plain

↑7話より。基本的にカオスな作品であるファンタジスタドールの中でも、特にカオスな回でした。このうずめちゃんの姿は、カードの効果で下半身を戦車にしたときのものです。この後、ドールたちと心を一つにした必殺技のひとつである「協力カノン」へ発展します。

f:id:Hine_Jun:20160508225928j:plain

↑2話より。トラップカードのちくわです。ちくわしか持ってねぇ。存外、かなりの活躍を見せます。


ファンタジスタドールはその意味のわからなさからクソアニメと分類していますが、実は見れば見るほどちゃんと伏線が張られていることに気がつけたり、実はちゃんと王道展開なので要所では感動させられたり、実はしっかり面白いアニメです。ですが、何度か言っていますが非常にカオス。しかし、お勧めしたいくらいは面白い。難しいアニメなんです。面白いけどツッコミが絶えない。


そんなファンタジスタドールですが、類義に位置するアニメはWIXOSSシリーズでしょう。女子中学生が主人公のカードゲームアニメ。女の子同士が戦い、女の子が女の子を使役します。これは類義と言って良いのではないかと思います。



さて、非常に長くなりましたね。お疲れ様でした。今回は、10本のアニメをまとめました。

どれもこれも、見ていてなんだこれは…とか、どうしてそこでそんなものが…と言いたくなるクセの異様に強い作品ばかりです。


はっきり言うならpupa、犬ハサ、グラスリップ、RDG以外は個人的にはお勧めな作品となっております。クソアニメとは言っていますが、決してつまらないだけがクソアニメではないということを教えてくれると思います。クソな部分を楽しむという楽しさがあることを僕は教えられました。


そんなクソアニメなのですが、ここ数クール、この手の本当に何もないアニメや、毎回笑っていたら放送が終わっていたというクソアニメの数が激減していて、氷河期を迎えたかのようになっています。クソアニメを楽しむことを覚えてしまった身としては、とても寂しいものです。



そういえば話は変わりますが、以前に自転車がパクられたという記事を書いたかと思います。その自転車が見つかったのが、武蔵関。

そしてこの記事で書いた、ワルブレ、ファフニール、空戦の3作品を作っているディオメディアという会社がある場所、これもまた武蔵関。


…なんだか不思議な気持ちになります。



では、今回はここまでとさせていただきます。

次回はまた気が向いたことを書く…予定ですが、もしかしたら5/14に遊戯王をやるのでそこでのことを書くことになると思います。


読んでいただいて、ありがとうございました。

【遊戯王】 2016/3/5 秋葉原オフ会まとめ -タイプ違いの青眼対決オフ-

こんばんは。

前回に続いて、また遊戯王の記事になります。

前回の通りなのですが3/5にまた秋葉原にて遊戯王で遊ぶオフ会をしてきました。

先に断っておきますと、今回はただの遊戯王の記事です。というか前回のエアプマンが横槍を入れてくるような事件がなかった。ないに越したことはないのですが。


今回のオフ会は前回と集合時間と場所こそ同じで11時に電気街口集合でしたが一味違いますよ、何がってまずちゃんと朝ごはんを食べました。よって気分が悪くなることなく秋葉原に着けました。そして遅刻もなし。学習してまいりました。


流れとしては前回とほぼ変わらずですが、今回は集合してからの食事がラーメンでした。

f:id:Hine_Jun:20160306004831j:plain

九州じゃんがら拉麺というお店でいただきました。とてもおいしい。これを食べたあとに他のラーメンなんて食べられないよって人もいるくらいです。


このお店は秋葉原のラーメン屋の中でもかなりおすすめです。秋葉原がそもそもちょっと遠かったりで秋葉原であんまりラーメン食べたりはしないのですが、それでもここのラーメンはかなり気に入ってます。



で、ラーメンを食べたあとはまた前回同様店探し兼買い物。

自分はインフェルニティ・ビショップや復活の福音の3枚目、それとトレードすることになっていたビッグアイとレッドデーモンアビスと竜の霊廟を、青眼の亜白龍を購入してもらってトレードし、こちらも3枚揃えることができました。

f:id:Hine_Jun:20160306011028j:plain

↑インフェルニティテーマとしては最新のカード。インフェルニティを組むにあたっては非常に強力な効果を有しています。デーモンでサーチ、そのまま特殊召喚、エクシーズにつなげ素材のこのカードを使用しさらにインフェルニティを展開すると、インフェルニティのモンスターが破壊耐性を得ます。ただし、1枚で2000円超。正直高い買い物でした。


今回は4人で遊んだのですがそのうち2人は前回と同じメンツです。

前回のオフのときにRRとジャンドと月光を組んでいた人は新たにUA(ウルトラアスリート)、バスターブレイダー、ブラマジレッドアイズを組んできていて、さらに4人目からラヴァルを引き取っていました。デッキの数がなかなか多くて楽しそう…

UAのパーツを見つけるためにショーケースを見て回っていたところを、ファンタジスタくんがほぼ唯一のショーケースなのを見てストレージにあるんじゃないかと見切りをつけながら探して、結局ストレージにあったりしてちょっと面白かったです。

前回、ライトロードを2つ持っていた人は、今回はライトロードの数を減らしメタビートを組んできていました。

UA、バスターブレイダーなどには勝てたらしいのですが青眼に勝てないという絶妙なラインのメタビートでした。時代が時代なら環境捻れてた。


自分は前回と同じくEMHEROIFと青眼を持っていきました。そして、昼から合流することになっていた4人目もイグナイトIFと青眼を持っていました。なんとここでミラーマッチの発生。

前回のエアプハゲ返り討ち事件が起こった店のデュエルスペースを借り、大会の開催時間に追い出されるまでのYP(遊戯王プレイヤー)の日常を繰り広げました。


自分は同じデッキを持っている人と延々ミラーマッチをしていたのですが、IFに関しては自分のデッキのパワーの方が高く、青眼に関しては相手のデッキのパワーが高かったという関係でした。


IFでは、EMやHEROという手札を減らしつつ戦えるテーマを複数併せて、手早くランク4のエクシーズとレベル8のシンクロにつなげ、それを旧神ヌトスにまたつなげてどんどん場を埋めていく展開スピードと盤面の硬さをもった自分のデッキが、イグナイトIFのデッキの半数以上をイグナイトで占めないといけなくなるデッキそのものの力の差で押し勝ったという感じでした。


一方青眼は、自分はシンクロ軸、相手はエクシーズ軸のデッキタイプだったのですが、IFにおいてもそうではあるのですが、エクシーズ召喚を軸とするデッキタイプの展開力の強さに圧倒されました。シンクロ軸ではせいぜい守備力3000を出しておくのが限度なのですがエクシーズ軸は攻撃力4000を出してきてかつ、そこからまた攻撃力2800や3000クラスのモンスターを複数並べてきました。

まさしく力押し、というその様に、シンクロ軸ではエクシーズ軸になす術がないという結論に。自分以外のオフ参加者も、手札事故やプレイングミスが発生しなかったデュエルではエクシーズ軸青眼になす術なしといった様子でした。


そこでデッキレシピを見せてもらい、それを参考に自分もエクシーズ軸にシフトすることにしました。

以下、シンクロ軸の際のデッキレシピです。


メインデッキ40枚

モンスター21枚

青眼の白龍×3

青眼の亜白龍×3

白き霊龍×2

アモルファージ・イリテュム×1

増殖するG×3

青き眼の賢士×2

エフェクト・ヴェーラー×2

伝説の白石×1

太古の白石×1

青き眼の乙女×1

金華猫×1

グローアップ・バルブ×1


魔法カード18枚

テラ・フォーミング×3

トレード・イン×3

復活の福音×3

ドラゴン目覚めの旋律×3

竜の渓谷×1

光の霊堂×1

竜の霊廟×1

ワン・フォー・ワン×1

ワンチャン!?×1

死者蘇生×1


罠1枚

神の宣告×1


エクストラデッキ15枚

青眼の双爆裂龍×1

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン×1

月華竜ブラック・ローズ×1

青眼の精霊龍×2

蒼眼の銀龍×2

不鵺城×1

森羅の姫芽宮×1

竜騎士フェルグラント×1

No.107 銀河眼の時空竜×1

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1

No.62 銀河眼の光子竜皇×1

ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン×1

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×1


…以上なのですが、はっきり言って非常に中途半端でした。回していて思ったのが、賢士が弱い。枚数が少ないのもありますが、ヴェーラーはそもそもサーチしてまで握りたいカードというよりはドローソースなどで手札に呼び込めればいい程度のカードであり、それをサーチするためだけにわざわざ召喚権を行使する賢士を入れているというのが弱い理由のひとつでありました。もう一つは旋律を握ったときに切りたいカードが少ないのでその後の動きにモロに影響することが多いこと。

それと、増Gがそれ以上に弱い。破りたくなります。エクシーズ軸青眼とミラーになると、ダークマターを出された際に真っ先に除外対象です。デッキコンセプトにも噛み合ってないくせに3枚も枠を圧迫していたと思うと、まさに…という感じです。

さらに中途半端さを加速させていたのが金華猫やワンチャン!?の存在があるのに霊堂が1枚であることや、護人の不在です。結局レベル1で何がしたいのかがはっきりしないため、精霊龍が出せること以外の強みが皆無でした。


エクシーズ軸のレシピを見せてもらったところ、ドラゴン目覚めの旋律でサーチできる対象がとても多く入っていたこと、その中の1枚であるsin青眼の白龍が闇属性であることをいかしたカオスエンペラードラゴンも旋律のサーチ対象であることなどが強かったです。

手早くダークマターのエクシーズ召喚につなげ、そこからエクリプスワイバーンをデッキから落としレダメを除外、ドラゴン目覚めの旋律でサーチしたカオスエンペラーの特殊召喚にエクリプスワイバーンを使用しレダメを手札に、そしてダークマターを除外し下敷きになっていたタキオンやプライムを蘇生させまたダークマター、この時にイリテュムとアークブレイブを落とす、といったような動きが非常に洗練されていて、驚きました。


それを元に、以下写真になりますが、


モンスターが

f:id:Hine_Jun:20160306015612j:plain

以上の24枚になりました。


具体的には

Sin青眼の白龍×3

混沌帝龍 -終焉の使者-×3

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1

アークブレイブドラゴン×1

エクリプス・ワイバーン×1

を投入し、

増殖するG×3

青き眼の賢士×2

青き眼の乙女×1

金華猫×1

を抜きました。


そして魔法カードが、

f:id:Hine_Jun:20160306020355j:plain

以上の16枚におさまりました。罠カードは完全に抜いています。


具体的には、

死皇帝の陵墓×1

を投入、

ワンチャン!?×1

ワン・フォー・ワン×1

光の霊堂×1

を抜きました。

(竜の霊廟はおろかな埋葬にするかもしれません)


この変更により、エクストラデッキの森羅の姫芽宮を抜きNo.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンの2枚目を投入。

よりエクシーズ召喚を行いやすくしました。ダークマターの効果でデッキ圧縮と墓地肥やしがかなりの速度で行えるため、このカードを1ターンに複数回エクシーズ召喚できることそれ自体が強力なアドバンテージになります。それがシンクロ軸との大きな違いで、シンクロ軸よりも高い攻撃力を簡単に出すことができることも魅力です。


ただ、ちゃんとしたシンクロ軸より若干安定性に欠けるという欠点もあります。自分が組んでいたシンクロ軸は割と適当だったのは…ありまくりますね。若干と言いましたが、ダークマターが出せればほぼ問題ないので気にするほどのことでもないかもしれません。

シンクロ軸においては、このエクシーズ軸をどう越えていくのかが課題になると思います。エクシーズ軸は構築の自由度という点でいえばシンクロ軸に劣るので、やりようはあるかと思います。


IFについてですが、EMが4月で制限がかかるという可能性が高いのでレシピは公開しません。しばらく待って、落ち着いた時に何を彼らが取り込み始めるのかを楽しみに待ってみることにします。



前回と今回のメンツでの遊戯王のオフ会はやるたびに新しい知識やカードが増えたり、プレイヤー同士で様々な見せ場を作ってみたりととても楽しくて良いものだと思っています。またやりたいと思わせてくれるオフ会というのは理想ですね。



では今回はここまでにします。

読んでいただき、ありがとうございました。

【遊戯王】2016/2/6 秋葉原オフ会まとめ -エアプ狩りオフ-

久しぶりです。自分ではもうちょい更新してないかなという気でいましたが6週間ほどぶりの更新になります。十二分に更新ペースは遅いですね。


さて、今回はたまには画面を見るゲームから離れてカードゲームの記事です。

遊戯王OCG、と聞いてわからないって人はいないと思います。自分はその遊戯王をやっているわけですが、遊戯王を嗜む者3人が秋葉原に集った日のことについてまとめてみようかなと思います。

その日からひと月くらい経ってますけどね…



時は2016年の2月6日。集合時間は朝の11時でしたが、久々の外出と電車、さらには朝食を食べなかったことによる不調などにより電車内で体調をひどく崩した自分は秋葉原に着く前に休憩を挟みつつ遅刻こそしましたがなんとか秋葉原に到着しました。


着いてオフ会相手と合流するにあたって、Twitterにてお互いの位置を教えあうも自分が華麗にスルーをかましてしまいました。真っ先にゲーセンに向かって待ってたら駅側に居てくれてたという…

とにかく無事3人で合流、まず腹ごしらえをしにいきました。体調不良だったのはやはり空腹が災いしていたらしく、食べているうちに少しは良くなっていきました。


腹ごしらえを終えカードゲームをプレイするためにカードショップを転々として、席が空いてないとかそんなことが多々ありながらも個々の買い物なども済ませなんとか席を確保するまで、の流れです。



自分はその日はデッキを2つ持っていきました。

1/9発売のシャイニング・ビクトリーズで強化されたテーマであるところの青眼と、それから常に頭の体操とか言いながらループ開発をしている狂人がこぞって使用するテーマのインフェルニティ(IF)で2つです。

青眼はわかりやすく言うとアニメ遊戯王デュエルモンスターズ海馬瀬人が使っていたブルーアイズホワイトドラゴンをメインとしたデッキ、IFはアニメ遊戯王5D'sで鬼柳京介が使っていた、ハンドレスコンボと呼ばれる手札が0枚であることを条件に効果を発揮するインフェルニティカードをメインとしたデッキです。

IFはかなり特殊なデッキで、カードゲームでは基本的に手札がないという状態は非常に脆い状態であるにもかかわらず、その状態を良しとするデッキです。


デッキレシピは青眼の方もIFの方もちょくちょく変えてあるのでレシピを載せたりはそのうちします。

書いているのが3/1で、実はまた3/5に秋葉原遊戯王オフがあるので、そこでデッキが完成したり完成に近づいたりするのでその時のことをまたまとめるので、そしたらレシピ載せます。写真で載せたいと思います。


オフ会相手の2人のデッキは、1人はレイドラプターズ(RR)とジャンクドッペルシンクロに加えて完成しかけの月光、もう1人はライトロードを2つ持っていました。


f:id:Hine_Jun:20160301210756j:plain

↑手前が自分の青眼、奥がオフ相手の月光です。確かこのデュエルは勝ちましたが、お互い新規カードを振りかざせて楽しい!ってなりました。



席を見つけた写真のお店で少し居座りながらデュエルしていると、他の客がきて席を譲ることになりました。


実は今回書きたいのはここからなのですが、この譲った人たちというのがなかなか渋めの2人組で年齢は若くて30代かなというような風貌でした。

2人組は遊戯王ではないカードゲームで遊びながらちょくちょくこちらの様子を伺っては口を出してくるというそこそこに友好的なカードゲーマーだったのですが、自分が使っている青眼デッキを見ながら



「青眼狩りたいなぁ」



と呟いていました。

つい最近強化をもらってなかなか強くなった青眼を狩ろうとなると環境入りしているデッキを作っているんだろうなと思った自分は、環境デッキという環境デッキとちゃんと戦ってみたいかもという興味からオフ相手とのデュエルを終わらせてから狩りたいなぁと言っていた方の人に、じゃあ狩られてみましょうかねーなんて言いながらデュエルを申し込みました。


さぁ狩ってくれと言わんばかりの自分の挑戦を受けないはずもなく、別のカードをしていながらも遊戯王も完備していたその人はそそくさとデッキを用意してくれて、デュエルをしてくれることになりました。


エンタメイトなのか帝なのか彼岸なのか、と期待しながらデッキを取り出すサマを見ていると、ドンッという音とともに分厚いデッキが出現。なんと枚数は60枚だそうです。遊戯王では40枚から60枚の間でデッキを組むことができるため60枚は最大枚数です。基本的に、デッキの中の欲しいカードを最初に引く確率が高くなるためデッキの枚数は40枚に抑えて組むのがセオリーです。


つまり、この相手はかなりセオリーを崩して(というか無視して)デッキを組んでいます。ですがデッキの中身が完全には分からない以上、もしかしたら知らないだけでドグマブレードのようにカード1枚1枚が他のカードに繋がっているからこの枚数でも回るデッキなのかもしれないと思い、デュエル開始から相手の一挙手一投足に目を凝らしていました。


相手のターン、出してきたカードは伏せモンスター1枚。

手札事故かな?と思い、自分のターンで敵モンスターを破壊する効果を持ったモンスターを召喚し、効果を使ってモンスターを破壊しました。


そこで度肝を抜かれました。なんと破壊したモンスターはキラートマト。

キラートマトは今からだと10年ほど前のデッキには必須だったモンスターです。ですがさすがに10年も前のデッキに必須だったカードが今のデッキにはそうそう入るはずがありません。




察しました。



この相手は最近の遊戯王のカードに触れていない、と。




「青眼狩りたいなぁ」の威勢はどこへやら、普通にそのターンで決着。

そう、この相手はカードプールだけは追っかけているエアプ勢だったのです。


キラートマトを効果破壊した際に相手が「いい選択だ」と言ってきましたが、シャドールかもしれなかった相手にそのまま殴りかかるほど今の遊戯王のプレイヤーは甘くないです。


ですが、青眼狩りたいと言ったのも彼にとっては無理のないことだったのかもしれません。何せ、昔はブルーアイズホワイトドラゴンは単体で強く、召喚方法は生け贄召喚(アドバンス召喚)が主だったからです。

強化をもらった青眼はブルーアイズホワイトドラゴンを出し、そこからシンクロやエクシーズにつなげていき、それからブルーアイズホワイトドラゴンを蘇生サルベージデッキから特殊召喚などにつなげるデッキのため、相手のやっていた時代の青眼とは似ても似つかない展開スピードでフィールドに最上級モンスターを並べていきます。

なので見た目は同じ青眼でも、やっていることが今の環境にも適応できる速度や柔軟性のある強力なデッキになっているため、過去のテーマで太刀打ちしようとなると相当キツいのです。


ちなみに、相手の使っていたデッキは「ダーク」というテーマでした。墓地肥やしを重視し、カオスネクロマンサーの打点強化やダークアームドドラゴンの特殊召喚、墓地を除外し終焉の精霊の打点強化へつなげるデッキです。カード群が揃いやすく、カードを寄せ集めているだけでもそこそこデッキっぽい構築ができることが魅力ですが、正直に申し上げると60枚も集めたって紙束にしかなりません。


昔のままのアドバンス召喚でブルーアイズホワイトドラゴンを召喚するデッキならいざ知らず、墓地の効果を無効にする精霊龍を備えた青眼の前でよくぞ狩りたいと言えたものだなと、終わってから感じました。

4〜5回ほど手合わせしたのですが全勝でした。


完全にわからせた、の図です。


オフ相手も、自分の相手をしてくれた人が持っていたデッキを借りてデュエルをしていた人に手札事故したデュエル以外では勝利していました。ちなみにそのデッキも、ダークと同時期に組むことができたユベルデッキでした…。


エクストラデッキについても当時だと万単位使ったとか言い放ってきましたが、今でもエクストラデッキのカードには万飛ばしますしね。


まぁとにかく、よくぞその紙束いくつも引っ提げて環境をロクに追いもせず新規カード群に「狩る」なんて言葉を使えたもんだなと、感心すらします。


髪も戦術も言動も薄かった。(裏ではエアプハゲと呼ぶことになりました)


視線飛ばしただけで返り討ちにできるレベルでデッキパワーに差がある、というような感じです。

僕らの方が若かったので舐め切ったような口を開いてしまったのが彼の運のツキでしたね…



そんなことがありながらそのカードショップを後にし、夕方余裕があったら顔出しに行くよ、と言ってくれていたもう1人と合流したところで、昼からいたうちの1人が用事で抜けてしまいました。


1人抜けてしまいましたがせっかく合流してくれたので、デュエルマスターズブラックボックスパックを剥いてその場でデッキを組んで遊ぼうということになり、ブラックボックスパックを探しにいくことに。

ブラックボックスパックは通常プレイで使えるのかこれは、というようなカードが多数収録された、デュエルマスターズらしい遊び心満載のパックです。デュエルマスターズから離れた人でも単純に面白さでパックを剥いたりしているとかなんとか…自分たちもその一員ではありましたが。


で、結局。

f:id:Hine_Jun:20160302000619j:plain

↑1BOX購入。24パック入っていて1パックが6枚なので、3人で割って8パックずつ、48枚から8枚抜いて40枚で遊べる計算です。


f:id:Hine_Jun:20160302000750j:plain

↑パックの質感も単なるプラスチックではなかったです。デュエマは面白い工夫がたくさんなされている良いカードゲームだと思います。


ゲームの勝ち負けはともかく、とにかく変なカードをたくさん使って遊べて面白かったです。

そういえばこれを買って遊ぼうってなった時に即決でFEifのエリーゼのスリーブを買いに行ってる人がいたりしましたね。エリーゼは可愛いヤクザなので買って損ないですね。

かくいう自分もカミラのスリーブを買いましたが…



こんな流れで2/6のオフ会は解散になりました。



とても楽しかったですが、一番印象に残ったイベントがまさかエアプ勢逆狩りになるとは思いもよらなかったです。



では今回はここまで。次のカードゲームの記事は3/5のオフ会の後に書こうと思います。