ゲームをするな就活をしろ

ゲームしちゃうでしょ

HARUYASUMI NO OWARI

大学の長い休みが終わり、僕も就活に向き合わねばならない時が来てしまいました。

正直まだまだ遊んでたいです…まぁ世の中はそんなに甘くないので頑張ります。


さて。今回は何を書こうかなと悩んでます。悩みながら書いてます。色々話自体はあるんですけどあんまり面白くないかなーって感じですし、Twitterしてるとブログ書く前に書きたいことが完結しちゃうので逆にこっちにあまり手が回らなかったりですね。



でもせっかくちょっと続けられているブログですし、前回の続きから書きたいですね。


前回、エフェクターの話をしました。

今回はエフェクターの話をしたいわけではないんですけど、前回はしました。

そこで自分が買ったものやベルベットを買った人が言っていたことなどを照らし合わせて考えると、「このラインを越えたらあとは好みの問題」というラインが色んなものに存在する、ということです。

買ったエフェクターもそうなのですが、コンプレッサーでいえば15000〜17000くらいを越えたあたりからは好みでコンプレッサーを選んだんで問題ないし、といった感じです。


恐らく、収集趣味の場合はそうだと思います。カードにしてもフィギュアにしても、細かいパーツを集めるパソコンにしてもバイクやらの乗り物にしても、趣味のために収集しなくてはならないものが存在する趣味では、ある程度の金額が用意できていたらその金額周辺の商品やらデッキやらはスペックは文句なしであとは自分の好みでの選択ができるものと思います。


この感覚が分かってくれば、なんでも高ければ高いほど良いというわけではないということに気がつくのにそこまで時間がかからなくなります。僕はコンプレッサー買うまで高いものの方が良いものという風に思ってましたが、好みの問題ラインというのがありました。もちろん、好みの問題ラインをかなり上回っているものに関してはそれなりの価値があるとは思いますが、少し上回るくらいのものであれば全然好みの問題ラインの一貫と考えても大丈夫な気がします。


ずっとこの話がしたかったのを今思い出しましたがちょうど終わりました。



そういえば誕生日プレゼントをくれた子のお返しもちゃんと考えて渡したら思ったよりウケがよかったです。

ちなみにその子はもう学校を辞めてしまうらしいです。すごく寂しいです。

それから後輩ちゃんもサークルを辞めたいらしいです。これもすごく寂しいです。


同じ学年と一つ下の学年で特に仲が良かった二人が二人とも僕の周りからいなくなってしまうとなると学校に行くモチベーションもサークルのモチベーションも結構下がります。学部にも仲がいい友達が多めでよかったと思ったところです。

最近こういう動きが多くて、特に退学してしまった子と行動する時間を長くしようと思っていたら就活どころじゃなかったです。


なのでまだエントリーシートの一枚も書けていません。あまりよくない状況です。ダブルミーニングです。


まぁ、色々頑張っていきたいと思います…



それから、5/3に4〜5人規模ではありますがインターネットで馴染みの深い人たちとのオフ会が決まったので、それを楽しみにしばらく生きていこうと思います。6年くらい越しに初めて顔を見る人もいれば、顔を合わせたことのある人もいますが、そこの知り合いが5人も集まるのは初めてなのでかなり楽しみです。

夜中のSkype会議でプランを練ったりしたこともいい思い出になればいいなと思います。



今回はここまでにします。何書くか悩んでいたので気分でしたが、たまには自分の周りのことも話してみたかった気分でお送りしました。